怠け者ごん太の日記、家庭菜園、山のある暮らし、雑感等々四方八方に飛んでしまって、まとまりのないブログになってます。
何を訴えたいのか、などのポリシーもありませんから戯れ言なんです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
東北楽天救世主を処断する
JUGEMテーマ:芸能
 野球放送をあまり好き好んで観る方ではない、管理者です。
「巨人、大鵬、玉子焼き」の世代ですが、アンチ巨人の一人でもあります。

野球放送といえば「巨人戦」のみ、一時は金に物を言わせ優秀な人材を取り込む巨人の姿勢に嫌悪感を持った、それが野球を嫌いにさせる一因とも考える。

そんな野球界の中で南海出身の野村監督には、一種の共感を覚える。
なんと言っても苦労人であり下積みから一流に這い上がった人物です、その人物が発するひねくれたコメントも面白い。

ひねくれコメントには、一流になった裏づけがあるから尚一層と思えるところです。

今回、楽天は突然に監督を首にすると言う "寝耳に水だ" それも理由がわからないとは一体全体何が気に喰わないのだろうか。

歳月がかかったけれども、弱小球団をパリーグ2位にまで押し上げた優秀な指揮官である、ファンも多い。

東北楽天が人気のあるのは野村監督のおかげと考えて差し支えない、球団首脳部が監督を首にする根拠は何か? 根拠を知りたいものです。

監督の継続を望むアンケートでは85%と言う、球団首脳部は再考する必要があるのではないですか。

Posted by : gonta57 | スポーツ | 07:07 | comments(0) | trackbacks(0)
TOP