怠け者ごん太の日記、家庭菜園、山のある暮らし、雑感等々四方八方に飛んでしまって、まとまりのないブログになってます。
何を訴えたいのか、などのポリシーもありませんから戯れ言なんです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
自然の茸を食いたいわ
JUGEMテーマ:家庭
今年の天気が異常だったのは、皆様ご承知のことです。その天気の異常が素直に反映されるのは、植物類への影響ではないだろうか。

人が手を掛け面倒を見る野菜も上手く育たず、野菜は高騰し庶民は悲鳴を上げている現状です。
面倒を見る野菜でさえ育たないのに、自然となると尚深刻なようだ。

10月の3日に山に入りました、例年なら食用になる「ナラタケ」が有るはずと思いきや ガーン です、気配もありませんでしたわ。

管理者が入る山は、登山道脇の私有山なんですが、登山道は「山蛭」の出没地になっています。

昭和30年代まで、人が住んでいて登山道も整備がされていた。
その名残から数年前までは「山蛭」もいなかったのですが最近出没するようになってしまった。

そのため、夏季の入山者はさらに少なくなり登山道は草だらけ、登山者が草刈などするはずもなく、荒れ放題です。
今では、管理者と嬶様が毎年「きのこ」欲しさに登山道の草刈をしている。
其処に自分の山があるから。

茸は取れなかったのですが、山からのもらい物もありました。
今、若干苦しんでます。
「うるし」に かぶれて しまいました、昨日は熟睡も出来ず辛かった?。



にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
 
Posted by : gonta57 | 日記 | 08:01 | comments(0) | trackbacks(0)
恐るべしモンシロチョウの脅威
JUGEMテーマ:家庭

大根の種を蒔いたのは8月29日。
雨も降らなく旱魃気味であった、そのために毎日水をやり芽を出させたものです。

ところが、少し成長した頃に雨が降り続き、我が河川敷の畑は水田模様になった。

楽しみ菜園であるために雨が降れば作業は休み、暑すぎても休む。
また、コンセプトが安全安心野菜を追求するにあり、防虫剤を使用しない野菜作りである。

以上を踏まえると、長雨の影響は大きいのです。

大根、その他の野菜類に防虫剤を使用しなければ、菜っ葉の大好きなモンシロチョウは、これ見よがしに卵を産みつける。
モンシロチョウにとっては格好の繁殖場です。

雨が降れば休みますから青虫取りが出来なくて辛い。ために打撃を与えられ野菜類は貧相な姿になるのです。


自然の脅威は、これだけですまなく雨の影響もまた脅威。
わが畑は河川敷、排水が悪く野菜が根腐れを起こし始めます。

ここの写真は比較的いい状態のものですが、腐って溶けてしまったものも結構あるのです。
自然に親しむのもいいのですが、苦労の甲斐がなくなってしまうのは辛い。

ですね。


にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村 
Posted by : gonta57 | 家庭菜園 | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0)
一 国勢調査員
JUGEMテーマ:ぼやき
JUGEMテーマ:日記・一般

8月30日に「嫌な仕事が舞い込んだ」との題名でアップした。
実際に調査員の仕事をし始めたら案の定「とっても嫌な業務」でありますわ。

第一に見ず知らずの家庭に飛び込む調査は、セールスそのもので胡散臭さを感じ取られる。
第二に全所帯を網羅し、配布した調査票は全て回収すること等確実を求められている。 の二点がある

配布に回って感じるのは、9割の家庭で問題は無く残りの世帯に問題があるようです。

妻帯世帯は、比較的問題ないのですが、アパート住まいの単身者は不在が多く面会することが出来ません。
借金バードなら、夜駆け朝駆けも可能ですが、国民の協力を願う姿勢ですので迷惑行為も出来ません。何度も訪問する羽目になってしまうのです。

最終的には、メモにて郵送するようお願いすることになるのですが、これとて配布は出来るが回収については不安が残りますです。
なんてたって全世帯対象で全て回収する規定がありますから。

で、我が担当地区に調査を拒否する方は居られなかった、中には拒否する者もいると聞きます。 変なのがいなくて良かったー なんてね。

調査員に報酬があります。
当然と言えば当然なんですが、報酬があっても引き受ける人が少なく役所の担当者は困っているようで、職員を調査員に当てている。

管理者も報酬を欲しくて引き受けた訳ではない、「しがらみ」の一言です。

田舎町でさえ引き受けてがないのに、東京だったらどうなんでしょう。
我らから見れば東京は殺伐としているように思えます、そんな都会の調査は大変だ・・・・。



にほんブログ村 その他生活ブログ 自治会・町内会へ
にほんブログ村



 
Posted by : gonta57 | 日記 | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0)
新米が届き焼きおにぎりにて食べる
JUGEMテーマ:家庭

22年の新米「コシヒカリ」が届きました、毎年農家から直接買っている、勿論玄米です。年間契約をして、30キロ単位で届けてもらうシステムだ。

普通は白米を届けてもらうでしょうが我が家は、自宅で白米にしています。

最大5合を研げる「こめ とぎ゜器」で白米やら、5分、7部づきにする。

ちまちました作業で面倒だが、食べる分量だけの「米研ぎ」は多少なりとも美味いと思えるから不思議だ、実際は美味い不味いなど分からんのだけれどね。

で、我が嬶様はすばやくも新米を研いで「焼きおにぎりを」作ってくれた。
美味い感じがする。

毎年のことだけれども、新米を食べる時は、なんとなく うきうき感と 期待感を持つ。

実際に味の感覚としては、あまり差を感じられないのだが・・・・ね。
新米を食す贅沢をして、こんな感覚を持つのは不届きな管理者だけか?。



にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村




 
Posted by : gonta57 | 日記 | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0)
わが町のイベント紹介/ 里芋
JUGEMテーマ:家庭

わが町のイベントを紹介する。
我が゙町は、米どころ新潟の中央部に位置する、地方市人口5万有余、産業は「ニット」をメインだが最近元気が無い中国製品に席巻されて青息吐息、全国一の生産地も往年の活気がなくなってしまった。

米どころ新潟ですから、わが町も「コシヒカリ」を普通に作っている。
ここで、米を紹介するつもりはありません、わが町で誇れる農産物の一つ「里芋」を紹介したいのです。

商標名は「帛乙女(きぬおとめ)」と称し、他の里芋と区別されている、真っ白できめ細かく舌触りが極上の一品であります。

里芋は山形が有名ですね。
土木機械のユンボを使用して大鍋で作る「芋煮会」は、テレビでも紹介され、楽しげなイベントですわね。

わが町の「里芋祭り」は、山形のような知名度の高いイベントではありませんが、地元で人気のイベントであります。
なんてたって購入すれば高くつき、ここに参加すれば安く手に入る訳ですから人気があるのも頷けるのです。

管理者も家庭菜園で作っていますが、山間地で土壌が違い本物の「帛乙女」を作れません、土壌の差異が微妙に影響するようですわ。

このブログに来訪され興味を持たれた方に。

実施日時:10月10日
注意   :イベント参加に定員があります、先着1200名と少なく早めに  現地に到着しないと参加できません。



にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村


 
Posted by : gonta57 | 家庭菜園 | 07:26 | comments(0) | trackbacks(0)
地球に優しくすると、人間は辛い
JUGEMテーマ:ぼやき
JUGEMテーマ:家庭

最近の世間様は、温暖化防止の取り組みに余念が無い。
電機自動車、省エネ家電とハイテクを使用する取り組みが話題になる、これらは我々が購入することで温暖化防止の一助になっているようです。

我が家も温暖化防止の為にと大上段に振りかざした訳ではないが、自宅の垣根は生垣で「コ」の字に囲っている。
20年前に建てる時、家の目隠しにと思い自分で植えた。
以来、生垣は成長し、今では3m近くになっている。

温暖化は、樹木の減少も一因と言われます。そのことを考えるとき我が家の生垣は、温暖化防止に一役買っていると一人自負している。

しかし、温暖化防止の一助とは言うけれど生垣の維持に要する労力はハンパネーです。
還暦を過ぎた途端に「つかれるwww」です。
刈り込み作業も半日しか出来ない、「こんなはずではなかったのに」などと「ぼやく」此の頃です。

また最近は、剪定した枝を燃やすことが出来なくなりました。
法律で決まったのですね、燃やしたら逮捕されると言うから なんだか可笑しな世の中になってしまった。

これでは、ブロック塀のほうが良かったのではないか?。
都会のように無機質な石で、周りを囲めば綺麗だし、すっきりするwねー。
剪定作業をしなくていいし労力や金もかからんから御の字ですわ。

更に地球も暖かくなる めでたしめでたしですよ。

ぼやきました。管理者は「緑のカーテン」とか言うこともやってます ハイ。



にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

 
Posted by : gonta57 | 日記 | 19:39 | comments(0) | trackbacks(0)
茗荷採り/「食べすぎは頭に良くない」は嘘
JUGEMテーマ:家庭

昨日「茗荷」を採りに行ってきた。
家庭菜園で栽培したものではない、山に自然に生えている純粋な自然ものである。
標準的な「茗荷」の旬は、過ぎたのかもしれないが?我が方の山では、これから9月半ばまでに芽吹く。

実際は、もはや遅くて花が咲き食すことのできない「茗荷」もあるのだが、8月の山に入山する元気が無いのです。

「虻」 「メジ(地方の名称のようです、正式名は分かりません、アブより小型で尚且つ虻より人を刺す頻度が高い)」 が わんさかと飛び回り、刺される恐怖が先に立ち「茗荷」採りどころではないのが本音です。

そのために、虫のいなくなる時期に入山するのです。旬の時期を若干逸しても自然の山菜を味わう魅力がありますね。

もう一つ、危険がありますそれは「山蛭」。
やっぱりと言うか いましたです。
このところの日照り続きで、山は乾燥し蛭はいないと考えていたのですが、甘かったです吸血鬼はしっかりと静かに潜伏していました。

幸いに、管理者の警戒は厳しく血を吸われる事はありませんでした。
が 我が嬶は、山に入ると山菜を採る事に夢中で警戒感が薄れるらしい。

管理者が注意喚起しても時々大事な血を献上している。

昨日管理者に取り付いた蛭は、4匹で長靴とズボンに付いているところを取り押さえ「抹殺」(殺すとかの表現は良くないかもしれないがあえて書く)した。

嬶はと言うと、「蛭いないよ」とのたまっていたのだが、小屋に帰り身支度をしていたら「ぽとん」と落ちたではないか、それもころころと膨らんだ蛭一匹。

へその左側に吸い付いていましたわ。
この蛭も抹殺、ナイフで切り刻みました。
後々の為にも生かしてて置く事は出来ません、蛭を見つけたら、必ず殺すことに徹している管理者です。

いつか、テレビで蛭の特集を放送していた。
その中で蛭を体から離す為に塩水で離すと良い、 とかとか放送してました。
離す方法としてはそれでいいのだけれども、管理者個人の考えとしては吸い付いた蛭は、必ず処分して欲しいと思うのです。

血を吸った蛭は、そのことで子孫を残し増えていく道理です。
自然の中の食物連鎖で蛭がどのような位置にあるかなどは分かりませんが単純に害虫です。

山からいなくなって欲しいと思うのは、管理者だけでしょうか。



にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
Posted by : gonta57 | 日記 | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0)
大根の種を蒔く
JUGEMテーマ:家庭

29日に大根の種を蒔いた。
雨を待っていても全く降る気配が無く、もう待てない、痺れを切らしたです。
種まきが遅くなれば、成長も無く貧弱な大根しか育たないだろう。

同時に人参も蒔いた、雨が無くこれも大幅に遅れた・・・・・・
全てが狂って巧くない。

8月26日のブログ「雨が恋しい」でも書いたが、水やり苦役のお蔭で管理者は疲労気味です。 腰が痛ーい。
今更ながら、土と親しむのは生半可 ん ハンパネーと気づかされる。

夏は、まだ続いていて日中の畑仕事なんかとっても出来ないです。
今年は熱中症でたくさんの人が命を落とした、菜園運営も命賭けて゛すわ。

何処かの首相は「命賭けます」なんていってますが、言葉だけ、我らは本当に命賭けてますです はい。



にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
 
Posted by : gonta57 | 家庭菜園 | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0)
いやな仕事が舞い込んだ・国勢調査
JUGEMテーマ:ぼやき

いやな仕事が舞い込んできた。
まず、我が方の背景を書く。
1) 現役を退いた 2) 町内会長を仰せつかっている 3)嫁いだ娘は市役所勤務、以上の3点がある。

10月1日現在で国勢調査が行われるのをご存知だろうか、一般には余り興味の無い話でありますね。

7月頃と覚えているが、娘が我が家に寄って「お父さん国勢調査員やってくれない」と言われる。
その時の返事はNOを伝えたのだ、娘は担当ではなく依頼を受けて打診をしてきていたのです。

その後、8月に入ってからと思うが市役所の担当者が直に電話してきた、女性である。
我も経験上、見も知らない他人に嫌なことを依頼するのは業務とはいえ辛い話と理解できるゆえに、担当者の勇気に免じて承諾した。

娘と担当者の関係は、不明であるが町内会長を務めている関係からの依頼でもあると考えられる。 面倒な話だ。

そんなこんなで昨日総務大臣の任命書と調査の手引書なるものが郵送されてきた、その手引書をぱらぱらめくるとまたまた憂うつになるわ。

任命書です、右側に個名が記入してあります。

名前は控えさしてください。

手引書は、101ページありまして読むのにも一苦労します、国家公務員は書類で仕事をするってのが良く判ります はい。
調査員の身分は国家公務員と言うことです。

ま、手引きはいいです。
後は飛び込みで調査書配布説明、回収と一連の行為を実行します。町内会長職ですから戸建ては比較的問題ないのですが問題はアパート。

アパート管理が法人会社ならば、入居状態も分かるのですがそれ以外の個人などのアパートは分からないところもあって苦労しそうなことですね、それとアパート住人に面識が無いのもまた厄介なことです。

田舎町でもアパートがあって面識の無い住人がいるような状況ですから、都会の調査員はもっと苦労でしょうね、などと言っております。

管理者は、もう生々しい環境は嫌で菜園いじりなどをしている、なかなか世間から離れられないようだ。



にほんブログ村 その他生活ブログ 自治会・町内会へ
にほんブログ村

 
Posted by : gonta57 | - | 16:34 | comments(0) | trackbacks(548)
暑いのは人の所為
JUGEMテーマ:ぼやき

暑かった夏もそろっと終わりそうです??????。
地球温暖化を通説では人間の所為だという。
名前は忘れたが何処かの先生は「それって嘘です」とか仰る人もいて何が本当なのか管理者の頭では判らない。

温暖化を防止するための一つは、緑を増やすこととも言われ、最近の都会ではビルの屋上に庭園を造り木を植えたりしているのがニュースで取り上げられます。

管理者の、自宅は地方の田舎市、曲がりなりにも一戸建てに住まわせてもらっていて、敷地は110坪ある。
平成元年に建てた自宅もいまや古めかしい建物になって、周りは新築でハイテク導入の家ばかりだ。

それらは致し方ないのだけれど、自宅建設のときに垣根を如何するかに迷った。
温暖化などの話は一切聴いたことの無い時代でもあったが、結局薬局「お足」の問題で自分で作ることにした。
と言っても、ブロック塀などをつくろうなんて思ったことも無い。

手っ取り早いのが、生垣だった家を囲むように「コ」の字に「かいづかいぶき」を植えた50本以上ある(数えたことが無い)、今では3mほどの背丈があって目隠しにも最適であるが、管理が大変だ。

自身で剪定をするけれどプロではなく見よう見まね、傍から見れば巧いとは言えない、それで良いのだけれどね。

などなどのたまっていますが、気がついてみれば温暖化防止の一助になっているから驚きであります。
温暖化、温暖化とマスコミなどが騒ぎますが騒ぐ前に自分達から少しでも地球に優しく接する努力をしてみたらなどと思いますわ。

家を建てたら木を植える、個人個人が少し気をつければ済みなんです。
セメントに囲まれた家もいいと思いますが、無機質の垣根は人の心も無機質になることをお忘れなく。

最後に一言、今現在剪定伐採した木の枝などは燃えるごみに出さなければなりません、自宅で燃やすことが出来ないのです。 憤慨

燃やしたら「お手手」に手錠がかかります、変な法律作ったのは誰だ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
 
Posted by : gonta57 | 日記 | 20:26 | comments(0) | trackbacks(885)
TOP