怠け者ごん太の日記、家庭菜園、山のある暮らし、雑感等々四方八方に飛んでしまって、まとまりのないブログになってます。
何を訴えたいのか、などのポリシーもありませんから戯れ言なんです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
<< 干し柿・さわし柿を自前で調達する | main | 山の主 クマ 現れる >>
山でガスを燃やしてきました?
JUGEMテーマ:日記・一般

山でガスを燃やしてきました。
ん ん ん 「山でガス」って なんだろうと思いませんか、あとでね。

管理者は、山林作業の基本を知りません。
また過去において山林作業に従事したことも無いです、したがって枝落しなどの高所作業はできないですし、杉苗の植林方法なども見よう見まね(まだ植えたことはない)。

出来ることは、杉林の下草刈りと倒れた杉の撤去くらいなものです。

山林作業の講習会などが開かれていて受講でもすればいいのですが、山林を生業に、また後世に立派な山林を残さねばならないなどの義務も感じていない。
が、山林の所有者である義父の手前、自分のできる範囲の管理は実施している。

山ですることを簡単に言えば、邪魔になる枝・下草などを整理して林の中を移動しやすくすることです。

奥山で集めた枝などで搬出が出来なければ、集積しておくが搬出できる近場の山の枝類は、安全な場所で焼却処分するのです。


杉の枝、電気・ガスの無い時代には貴重な資源でした。

今では使い道もなくゴミとなる。

ドラム缶を半分に切断して使っている。
これで春には「ぜんまい」などを煮ている。

半分のドラム缶では、焼却に不便なので一本物に変更しようと考えている。

そうなんです、これらのゴミと言える枝をこちらの方言で「ガス」と言いいます。
管理者も地元にいた頃は使っていたのでしょうが、Uターン組みですから、すっかり忘れていました。
隣の爺爺から声をかけられ、思わず「はっと」したものです。


にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
 
Posted by : gonta57 | 日記 | 05:25 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 05:25 | - | -
コメント









この記事のトラックバックURL
http://nakakanbara.jugem.jp/trackback/339
TOP