怠け者ごん太の日記、家庭菜園、山のある暮らし、雑感等々四方八方に飛んでしまって、まとまりのないブログになってます。
何を訴えたいのか、などのポリシーもありませんから戯れ言なんです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
<< インドで顔が2つある赤ちゃん誕生、神の化身? | main | 船場吉兆、又なんかしたみたい >>
人の伸ばし方に科学がお墨付きを与える
JUGEMテーマ:ニュース

人を元気にして、勉強や仕事に意欲を持たせる手段は何かと問われれば、大概の人は「成果に対してご褒美を上げること」と答えると思う。

常套手段でありますね、馬の口の前に人参を吊り疾走させる絵は、たとえ話でも信憑性がある。

人間だって同じ、やる気を出させるため、褒美に現金をちらつかせれば、人は誰しも必死になるものです。

しかし、長い間口伝えで言われていた、「褒めて伸ばす」と言うアノマリーもあります。

この「褒めて伸ばす」が科学的に証明されたら、皆さんどうします。
「人を褒める」事が褒美としての「現金」と同じ効果を発揮する、褒められた事と現金を貰った時の喜びが一緒だったらどうしましょ。

そんな研究成果が発表されました。自然科学研究機構生理学研究所の内藤先生の研究チームが発表しています。

MRI(磁気共鳴画像装置)を使用して脳の反応を調べたようです。
実験は、カードゲームで賞金をもらった時の反応と、褒められた時の反応でした。

この結果、両者の脳が活性化する部分が一緒であったってことです。

面白い実験です、人を成長させ意欲を持たせるには、物や金など必要の無い事が証明された訳です。

世の中、金、金、かねがまかり通っています。この辺で考えを改めては如何でしょう。
オラも含めて世の馬鹿親達に言いたい、子供を育てるには金品なぞいらないと言う事です、子供は褒めて褒めて育てましょう。


ランキング応援宜しくね

Posted by : gonta57 | サイエンス | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 07:29 | - | -
コメント









この記事のトラックバックURL
http://nakakanbara.jugem.jp/trackback/224
TOP